北海道のゴルフ場はほとんどが、常緑性が高く、メジャーのトーナメント会場でも導入されているベントグリーンを採用しています。
雪に強い西洋芝は、本州の一般的なゴルフ場の日本芝(高麗芝)と比べると、葉先が細く、グリーン上のパットでは、軽いタッチで素直に玉がころがります。
北海道のゴルフ場はいろいろな西洋芝が使われています。グリーンはやわらかく細密な淡い緑の細かい葉を持ち、美しい芝を作るベントグラス。フェアウェイは、丈夫な芝でベントグラスより幅の広い葉をつけ、特に踏み圧、刈り込みに強いケンタッキーブルーグラスを使用。ラフではフェスキューやライグラスが使われています。
北海道には海岸沿いの草原地帯にあるリンクスコースやアップダウンが多く、多彩なコースバリエーションがある山岳コースなどがあります。
数多くの海外・国内プロゴルファーが参加する各種トーナメント会場にもなるほどの、充実した環境のゴルフ場が多数あります。